ISO9001の取得後|ISO9001の規格で取引先から信頼される企業になろう

ISO9001を取得した後の運用を考えよう

ISO規格の運用比較

アピール重視

・ビジネスの幅が広がる
・取引先に信用してもらいやすい
・新規顧客の獲得率が向上する
・規格取得後から効果を発揮出来る

経営改善重視

・経営の根本的問題の解決になる
・業務の効率化が行える
・社員全体の質を上げる
・マニュアル化で品質維持が可能

運用方法から規格を選ぶ

ISO規格はいくつもあります。企業によって必要になってくる規格も変わっていますが、運用の仕方から考えて規格を取得する方法もいいでしょう。うまくマッチングすることで今よりも良い企業になりますよ。

ISO9001の取得後

男の人

規格の取得

ISO9001の取得は容易ではありません。また、取得するために決めたシステムも稼働させなければ効果が薄いと言えるでしょう。規格を取得したことをアピールすることも重要ですが、それ以上に運用が重要となっています。

運用の確認

ISO9001がしっかりと運用できているかを確認するためには内部監査がきちんと行動しなければいけません。内部監査の人選は規格をうまく運用させるために慎重に選ぶようにしましょう。

時間が掛かる

ISO9001のシステムが企業に根付くまでには時間がかかります。企業によって根づくまでの時間は変わってきますが、効果がないからと言って諦めずに根気よく続けていきましょう。

広告募集中